Graham NEUBIG - 研究

グラム・ニュービッグ (Graham NEUBIG)

カーネギーメロン大学 言語技術研究所(LTI) 助教
カーネギーメロン大学 機械学習研究科(MLD) 客員教員
奈良先端科学技術大学院大学 情報学研究科 客員教員

研究分野

人間の言葉と、その言葉を介したコミュニケーションに関する研究を行っています。特に人間と人間もしくは人間と機械の間のコミュニケーションにおける壁を取り除く自然言語処理技術の開発に取り組んでいます。この中で、異なる母語を持つ人間の間のコミュニケーションを円滑にする機械翻訳や、機械に人間の言葉を理解させる自然言語理解の研究に特に力を入れています。翻訳と言語理解に向けて下記のような詳細な研究分野で研究を行っています。

略歴

受賞等

客員研究員等

  • 2015-2016 (10〜1月): カーネギーメロン大学。ニューラルネットやコード・自然言語間に関する研究。ホストはChris Dyer先生です。
  • 2010-2012: NICT。機械翻訳のための教師なし学習について、渡辺太郎氏の指導の基で研究しました。
  • 2011(7〜9月): Google。機械翻訳について、David Talbot氏の指導の基で研究しました。
  • 2008(8〜9月):ATR。機械翻訳のための言語モデルについて、Andrew Finch氏の指導の基で研究しました。

活動

対外発表

論文

今気に入っている論文を以下にまとめました:

  • Junxian He, Graham Neubig, Taylor Berg-Kirkpatrick.
    Unsupervised Learning of Syntactic Structure with Invertible Neural Projections (BibTex)
    Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP). Brussels, Belgium.
    November 2018 (To Appear).
  • Emmanouil Antonios Platanios, Mrinmaya Sachan, Graham Neubig, Tom Mitchell.
    Contextual Parameter Generation for Universal Neural Machine Translation (BibTex)
    Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP). Brussels, Belgium.
    November 2018 (To Appear).
  • Xinyi Wang, Hieu Pham, Pengcheng Yin, Graham Neubig.
    A Tree-based Decoder for Neural Machine Translation (BibTex)
    Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP). Brussels, Belgium.
    November 2018 (To Appear).
  • Hieu Pham, Xinyi Wang, Zihang Dai, Graham Neubig.
    SwitchOut: an Efficient Data Augmentation Algorithm for Neural Machine Translation (BibTex)
    Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP). Brussels, Belgium..
    November 2018 (To Appear).
  • Aditi Chaudhary, Chunting Zhou, Lori Levin, Graham Neubig, David R. Mortensen, Jaime Carbonell.
    Adapting Word Embeddings to New Languages with Morphological and Phonological Subword Representations (BibTex)
    Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP). Brussels, Belgium..
    November 2018 (To Appear).

多く引用されている論文はGoogle Scholarで、全論文は発表論文のページでご覧いただけます。

勉強会、招待講演等

一部はチュートリアルページにも置いてあります。

その他